OOIOO NEW ALBUM

SOMAで販売しています。カレーと共に是非!!


Newave Album


nijimusi 
¥2500 (no! Tax)
レーベル:SHOCHY
品番:SHOCHY-00100
 
 鳴ること自体に理由を持たず、
生まれたとたん空気に滲んで消えてゆく匂いのような音の去来。
無調の音節が持つ言語以前の言葉の意味。
生命が持つ脈動の渦の不思議
新しい発見が、実は初めからそこにあったものの再確認であるように、
OOIOOが当たり前に音を鳴らした、人類未聴の音世界が完成しました。
-TRACK LIST-
1.虹虫 / Nijimusi (ニジムシ)
2.滲ム / Nijimu  (ニジム)
3.Jibun (ジブン)
4.Tisou (チソウ)
5.Asozan5 (アソザン ファイブ)
6.Bulun (ブルン)
7.walk for “345” minutes, while saying “Ah Yeah!”
   with a “Mountain Book” in one hand, until 
   a shower of light pours down
(ウォーク フォー “345” ミニッツ、フォワイルセイイング アーイエイ!
ウィズ  マウンテン ブック イン ワン ハンド、アンティル  シャワー
オヴ ライト ポアワーズ ダウン)
8. 翡翠アァ / Kawasemi Ah ( カワセミ アー)
OOIOO
are
YoshimiO
Mishina
kAyAn
AyA
Music by OOIOO
Lyrics by YoshimiO
Translated by Hashim Kotaro Bharoocha
Recorded & Mixed on Dec.2018~ Jun. 2019 at LMD, OSAKA, Japan
Engineed by kabamix  
Mastered by Sarah Register, NYC
Art Work by OOIDO SYOUJOU
Designed by QOTAROO
photo by OOIDO SYOUJOU

 

 

 
OOIOOの6年ぶりとなる新作は、原点回帰の4人編成のバンドへと立ち返り、
これまでに彼女達が作り上げてきた独自の表現方法を全面的にフィーチャーした、
OOIOO以外何者でもない音楽となりました。
この音楽が、ボーカル、ギターX2、ベース、ドラムという実にオーソドックスな編成で
織り成されているという事実に多くの人は驚かされることでしょう。
本作では、シンプルに「音が鳴るもの」として素直に正対した楽器の用い方を通し、
よりプリミティヴで原則的な音との関わり方が実践されています。
ドラムが空気をたっぷりと揺らす様子を顕微鏡のように捉えながら、
真空パックのように濃密な低音や自由な電子音が、
あたかも昔からそこに在ったかのように配置されている様は、
アンサンブルという音楽的枠組みを超え、
生命ある生物のように不可分な「こういう、ひとつのもの」として提示されています。
本作は音楽でありながら、手触りや匂い、雰囲気や気配を強く喚起する作品です。
もしも音楽が聴覚と時間の芸術表現だとしたら、
本作はもはや音楽から逸脱して始めているのかもしれません。
それでも今、この音を鳴らす。
それは動物の鳴き声のように固有の音を鳴らすOOIOOという生命体が、
今ここに生きている証です。
同時代に生きるものだけが確認できる今のOOIOOを、一緒に体験してみてください。
OOIOO        
YoshimiOを中心に、1995年より活動。
聴こえたり聴こえなかったり、律動したりしなかったり、そして、なんにも音がしなかったり。
好きな音が鳴って消えてゆくまでの瞬間と空気を拾い集めて繋いだ、
OOIOOという音楽の演奏集団。
2016年より加入した新ドラマーMISHINAを迎え、より自由なドラム・アプローチとサウンドを獲得したOOIOOは、細胞が抱える内宇宙のように、各々が振動し自己を鳴らしながら、
1つの生命を成してゆく共鳴する集合体の姿。
その姿は New Album “ n i j i m u s i “ 作りました。
 10.10 SHOCHYより日本先行発売(スペシャルアートワークにて)
2020.1.17 thrill jockeyより世界へ発売!
 OOIOO with Z.B.Armstrong(1911-1993) Folk Art
’s photo by Scott Nhất KIM
OOIOO   “ nijimusi “
Sounds created for no reason. Sounds that come and go, and disappear into the air like a scent, as soon as they materialize. Atonal phrases that hold the meaning of words that existed before the advent of language. The wonders of a vortex pulsing with life…
Just as a new discovery is actually just a reaffirmation of what is already known, OOIOOhas created a world of sound from the core of their being, that has never been heard before by humans. 
After a six year hiatus, OOIOO has created a new album that goes back to the roots of being a four piece band. The music shows the full spectrum of the unique sound they have crafted throughout the years, which can only be described as “OOIOO.It might come as a surprise that this album was recorded by a conventional band ensemble of two guitars, bass, and drums. They viewed their instruments simply as “objects that make sounds”, and took a primitive and basic approach to creating the music.
The drum tones fluctuate powerfully through the air, while sounding as if they are being observed under a microscope. Bass tones and electronics are so dense that they sound like they’ve been vacuum-sealed. The arrangement of the tones seem to be almost ancient, transcending the notion of a musical ensemble, suggesting the connectivity and oneness that is inherent in all living creatures. 
This album can be considered music, but is also a work of art that stimulates the sense of touch and smell, while being atmospheric and ethereal at the same time. If music is an artform based on the sense of hearing and the concept of time, this album may be deviating from the conventional definition of music. The work is a reflection of the sounds resonating from OOIOO while they were being completely present in the moment. The sounds are like the cries emanating from a creature called OOIOO, proof that it is a living, breathing being. Experience the sounds of OOIOO that can only be heard in the here and now. 

小杉武久の2019

コンサート「for KOSUGI」

日時:2019年9月1日(日)15:30開演(15:00開場) *終演後パーティーあり
場所:HALL EGG FARM 
(埼玉県深谷市櫛挽 140-1)
出演:EYE、和泉希洋志、高橋悠治
料金:コンサート+1ドリンク=2,500円(当日3,000円)
コンサート+1ドリンク+パーティー参加=3,000 円(当日3,500円)
予約:Tel 090-5584-3104(サイトウ)/Fax 048-585-6687
E-mail:spacewho@hall-eggfarm.com

II. 小杉武久サウンド・インスタレーション展+映像上映

日時:2019年9月1日(日)〜7日(土) *映像上映は2日から
展示:11:00-17:00(無料) 映像上映:15:00-(無料)
場所:HALL EGG FARM 
(埼玉県深谷市櫛挽 140-1)
Tel:048-585-6685(サイトウ)

III. 小杉武久 ドローイング&プリンツ

日時:2019年9月1日(日)〜9月14日(土)12:00-18:00(会期中無休、無料)
場所:360°JINGUMAE
(渋谷区神宮前 3-1-24 ソフトタウン青山 1F)
Tel:03-5410-2350

IV. 上映会「小杉武久の音楽と実験映画」+トーク

日時:2019年9月7日(土)〔プログラム1〕18:00- 〔プログラム2〕20:00-
場所:UPLINK渋谷
(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)
Tel:03-6825-5503
料金:1プログラム1,500円(アップリンク会員1,300円)
チケット:UPLINK渋谷ウェブサイト(クレジット決済のみ)および、劇場窓口(現金のみ)にてチケット販売中

〔プログラム1〕18:00- *いずれも音楽は小杉武久
北村皆雄監督「白い影への対話」(1964)美術:松目正毅、ハイレッド・センター
北村皆雄監督「神屋原の馬」(1969)
康 浩郎監督「オープン・スペースを求めて」(1970)
トーク:北村皆雄監督(聞き手 川崎弘二)

〔プログラム2〕20:00-
小杉武久コンサート「Music and Beyond」国立国際美術館 記録映像(2009)
小杉武久コンサート「Music Expanded #2」あいちトリエンナーレ 記録映像(2016)